意地悪な彼女は引きこもりで因果応報です

意地悪な彼女は引きこもりで因果応報です

私が中学生だった頃転校してきてなじめなかった小学校のクラスに意地悪な女子生徒にいじめを受けハブられて利していて、そのまま進学しても部活動関係でも(クラスは違ったのですが)嫌がらせなどをうけていました。

ただ、私が部活をやめてからその女子生徒は違う同級生や同じ部活内の娘をいじめのターゲットにして、相変わらず女王様気取りで気に食わない相手をみつけてはいじめを繰り返していました。

だんだん、皆にその性格の悪さが知れ渡ってきて随分と露骨ないじめは下火になっていたのですが、陰でコソコソと繰り返していたようです。

たいてい、大人しくて目立たないグループにいる感じの娘を虐めていたようですが、中学を卒業してそのいじめっ子は都心の方の高校に進学したので大多数の同級生たちは田舎の地元の高校に進学していたので皆胸をなでおろしていました。

後から知ったのですが、言うことを聞かないでいじめに加わらないと今度は自分がターゲットになるという怖さから言いなりになっていたので彼女が同じ学校にいない事で皆でかなり仲良く打ち解けて楽しく学校生活を過ごしていました。

いじめっ子の彼女のことなどもう、誰も話題にしなくなっていてそれくらい過去の過ぎたこととしていい思い出の三年間でした。

ところが、高校を卒業して中学時代の同級生に進学した短大で再会して聞いたところによると、いじめっ子の彼女は都心の高校で何故かなじめなかったようで、シカトやハブられたりして、挙句な果てに不登校になっていたとのことです。

それも、心を病んでしまったようで部屋から出ることもできなくなり”この世の人全員が敵に見える。

”と、何時もおびえていていまだに外にも出れないということでした。

ひどいとは思いましたが虐め被害にあったり加害者に加えられた同級生たちは私も含めみんな”ざまあみろ!!!!”と、言いあって同情もしませんでした。

いや、できませんでした。

みんな口々に”因果応報ってあるんだね”と、事あるごとに言っていました。

中学の同窓会が時々行われますが、未だに彼女はきたことがないです。

まだ引きこもりらしいです。

でも、私は可哀想だとは思いません。