当時35歳の体育教師 女子部員への猥褻行為で懲戒解雇 いい気味

当時35歳の体育教師 女子部員への猥褻行為で懲戒解雇 いい気味

私は現在31歳の男性です。

私は、中学校時代嫌いな先生がいました。

当時35歳だったその先生は私が所属していたバレー部の顧問でした。

その先生はとにかく酷い先生で、体育の授業では女子生徒男子生徒関係なく全力で取り組めと怒鳴っていました。

そのくせ、他の先生にはいい顔をしていました。

特に部活での指導は酷いものでした。

その先生は、部活のノックについていけない生徒の顔面にボールを打ち込み、ミスをした生徒をしょっちゅうビンタしていました。

更に、部活中水を飲むことを禁止し、隠れて水を飲んだ生徒には容赦なくビンタが飛んできました。

私達部員は、そんな顧問に対し不満を抱いていましたが、185pも身長のある先生への恐怖の想いが勝っていました。

その為、私達はそんな暴力教師に対して抗議する勇気がありませんでした。

それだけでなく、当時は今ほど体罰に厳しくなかった為、保護者の中でも声をあげる人はいませんでした。

私達は、影でその先生を「体育バカ」と呼んでバカにしていました。

 そんな中学校生活もなんとか終わり、私はその体育教師とも会わなくなりました。

私は、高校も卒業し大学生になりました。

そして私が大学三年生の時に、中学校の同窓会の誘いが来ました。

私は、10年近く会っていなかった友人たちと再会し、担任の先生にも会いました。

そこで私は友人から、あのバレー部の顧問のその後の話を聞いたのです。

その顧問の先生は、3年後に他校へ転勤になったそうでした。

そして、その先生は、次の学校でも体育教師となり、女子バレー部の顧問になったのだそうです。

そして、私が大学に入った年に部員への猥褻行為で警察に捕まり、懲戒解雇となったのだそうでした。

 その同窓会から10年以上経ちましたが、噂では現在その先生は糖尿病を患い、自宅に引きこもっているそうです。

その先生に対し気の毒な気もしますが、中学時代に受けた理不尽な暴力の事を考えれば当然の報いだと思っています。