40代パワハラ上司 直属の上司に相談してパワハラ上司を左遷できた

40代パワハラ上司 直属の上司に相談してパワハラ上司を左遷できた

■私が心底嫌いで今までに何人も部下職員を辞めさせてきたパワハラ上司を左遷させることができた体験談 につきまして私は、前に所属していた上司で、突如として、九州から赴任してきた猛烈なパワハラ上司と出会う形になりました。

その九州から赴任してきた上司と対峙するキッカケとなりましたのは、パワハラ上司と宿直が一緒になった日でありました。

前に所属しておりました組織では、その勤務の特殊性から、上司二人と一緒に施設で寝泊まりすることが義務付けられております。

その特殊性としましては、凶悪な方を収容している施設であるからこそ、その特殊性に応じて、すぐに夜間でも対応できる人間を準備しておかなくてはならないと言う方式でありました。

そして運悪く組み合わせで九州管内の際に何人も部下職員を辞めさせた方と宿直が一緒になってしまいました。

突如として私は、その方に呼び出される形で、部署が違うのに、「なぜおまえはこんなミスを多発するんだ?私が今この施設で一番危ないと思っているのはお前だよ!」とキツク叱責される形となり、その後も、「なんでお前はこんなに仕事ができないの?ミスが多すぎるよね?」みたいな感じで追及され挙句の果てには「お前さぁ?この業界向いてないんじゃないの?いくらでも職業ってあるからさ?別にここに拘る必要なんてないんじゃない?」と言う言葉が放たれた時に私は、非常に危機感を覚えました。

「このままではこの人に辞めさされる」と思い込んでしまう形となり、早速直属の上司に相談させて頂く形となりました。

私の上司は私に対していつも厳しく叱責される方でしたが、私の話を聞くやいなや「お前なんでもっと早くいわんのや!」と言う形で私をVIP室に連れて行き、事情聴取される形になりました。

それからほどなくして、私の上司が私が違う所属先の上司にパワハラを受けたと言う形で報告書を回してくださる形になり、ほどなくして九州から赴任してきたパワハラ上司が左遷される形となりホッとしました。