いじめっ子、自分のしたことが帰ってきて…反省したかな

いじめっ子、自分のしたことが帰ってきて…反省したかな

30代主婦です。

小学生の頃の話なのですが、クラスのリーダー格の女の子Aがものすごい「いじめっ子」でした。

リーダー格の子だから誰も文句が言えない、というのではなく、いじめっ子で誰も文句を言えないからリーダー状態になり、偉そうに振る舞う、という状況です。

Aは今でいう、所謂「家庭環境に問題がある子」で、その憂さ晴らしをしたかったのでしょうか、気まぐれにターゲットを決めては、その子の物を隠す、陰口を言う、ありもしないことをでっちあげて他の子に言いふらす、無視をする…といった感じでした。

私自身がターゲットになったこともありますし、他の子をターゲットにしている際に「あんたもあの子のこと無視するのよ」と巻き込まれたこともあります。

今思えば、どうして自分がターゲットにされた時に、もっと毅然とした態度で言い返したり、こんなことはやめて、と言えなかったのか。

どうして他の子を一緒に無視することを受け入れてしまったのか。

(これはAに歯向かって自分がターゲットにされたくなかったからです。

他の子達もみんなそうでした)後悔は色々ありますが、とにかく当時は彼女の独壇場でした。

ですが、中学校に入学し、風向きは変わりました。

私たちの入学した公立中学は、私たちの通っていたA小学校、近くのB小学校、C小学校、という3校からの集まりでした。

人数も多く、派手な子が多かったB小出身の子たちは存在感が強く、自然と発言力を強めていきました。

そんなある日、B小出身の中でも特に人気があり、気が強く、また曲がった事が嫌いなBちゃんが、友人から小学校時代のAの振る舞いを聞き激怒。

「だからAは勉強や運動ができるわけでもないし可愛くもないのにあんなに偉そうにしてるのか。

A小出身の子たちがAにやたらお世辞を言ったりビクビクしたりしてるの変だと思ってたんだよね」と言い、仲の良い子たちとAを無視することを決定。

私はBちゃんと割と仲が良い方だったので、そんなことをしたらAと同じになってしまうのではないか、私たちA小出身で嫌な思いをした子達のことを思って怒ってくれるのは嬉しいけど、BちゃんにAと同じところに落ちて欲しくない、と訴えました。

けどBちゃんは「そうではない」と言い、物を隠すことも、陰口を言うことも、ありもしない噂を流すこともしない。

ただ、無視する。

授業等で必要なやりとり以外は、絶対に話さない。

と宣言したんです。

Aは学年の中心グループだったBちゃんたちに無視され、だんだんそれが他の子たちにも波及していきました。

みるみる元気がなくなっていき、隠れるように過ごすようになるAを見るのは、少し胸が痛むような気がしましたが、正直「ざまあみろ」という感じでした。

自分がしたことの愚かさと、それを受けた方の痛みに気づいて反省し、そのあとの人生で人に優しくなってくれたならいいんですが。