31歳女 婚活パーティーでしたたかに行動して作戦勝ちでの略奪愛

31歳女 婚活パーティーでしたたかに行動して作戦勝ちでの略奪愛

■私の自己紹介につきまして私は、30代前半の現在専業主婦ですが、私は、略奪愛の成功例としまして、婚活サイトで主人と出会った時に、主人とは婚活パーティーで知り合う形になったのですが、ライバルを蹴落として、主人をゲットできた話しにつきましてお話しさせて頂きたいと思います。

■主人との出会いの経緯につきまして私の主人とは、婚活会社主催のパーティーの場でお会いすることができました。

主人は国家公務員の中でも幹部職員であることをパーティーの場で公言しておりましたので、主人の回りには私も含めて10人もの人々で主人が囲まれる形になっておりました。

■行動した経緯や時期につきましてその婚活パーティーの場所で、主人を何とか一人占めしたいために私は、その婚活パーティーの場で、2ショットを数多い女性陣が多い中で提案させて頂きました。

その結果、主人と2ショットになることができ、かなり若い年齢層の方はリタイヤされる方も居て内心「やった!」と言う形でした。

ここからの戦略としましては、まず私が一番に先陣を切るような形で主人を会場の外に連れていくことに成功しまして、ここで主人のアドレスと携帯番号をゲットしました。

長く怪しまれないようにすぐにパーティー会場に戻り普通に2ショットを済ませる形で対応しました。

■その時の心情について私は、同じ手段を取られないかとドキドキしておりましたが、みなさんは普通に主人と歓談して終わりと言う形で、アドレスや携帯を聞く方は居られなかったので内心ホッとしました。

主人も自分からアドレスを聞き出すような方ではなかったので、2ショットが全て終了した時、心の底から安心した瞬間でありました。

■後悔していることについて後悔していることは、私が、2ショットを提案したあまりに、不機嫌な方もおられたのではないかと思いましたが、主人をゲットするためには誰よりも先陣を切るような形で、成果を上げなければならないと思い提案して正解でした。

■アドバイスにつきまして婚活パーティーでは人気がある方に非常に集中して、殺到します。

その中でも何とか振りほどいて数多くの女性の方々から略奪できるオリジナルの方法を自分の中で編み出さなければなりません。

そのためには今までの恋愛で得た教訓を思い返してみてください。

きっとそこにヒントが隠れているハズです。