47歳男性 彼氏持ちの女性を夜景デートに誘って略奪成功

47歳男性 彼氏持ちの女性を夜景デートに誘って略奪成功

以前彼氏のいてるを彼女から略奪し、私と付き合うようになった時の体験談です。

当時私は30歳の独身男性で、自営業をしていました。

この時ハマっていたのが出会い系サイトです。

自営業なので平日でも時間を作れますし、平日昼間に自由が利くって出会い系サイトでは凄く有利なんですよね。

色々な女性と関係を持ち、セフレも多数いました。

そんな中、気になる娘がいたんです。

この娘は24歳の介護士で、知り合ったキッカケは出会い系サイトです。

彼氏はいてるものの、彼氏も彼女と同じ介護士なので、なかなか休みが会わなかったそうです。

平均月1回会えるかどうかで、私と知り合った頃は彼氏どころか二週間休みなしという状態。

寂しさとストレスから彼女は出会い系サイトに手を出し、私と知り合って関係を持ちました。

結構可愛い娘でしたし、なんとか自分の物にしたいな〜なんて思ってたんです。

彼女フリーの日は私が時間を作って会いに行くようにして関係を続けてました。



体の関係は一応ありましたが、彼氏優先でスケジュールを決められる事のが不満でした。

彼氏持ちと最初に聞いてたので仕方ないのですが、やっぱり彼氏優先で物事を進められてしまうと嫉妬してしまいます。

ただ彼氏に気持ちはいってるとはいえ、会う頻度は少ない。

しかも私の彼女は体の関係を持ってますし、上手く口説けば彼氏から略奪出来るんじゃないか?と頑張ってみました。

ここからは完全口説きモードに入り、メールも毎日入れてました(当時はガラケー全盛でLINEはなかった)。

会った時は彼女を気遣うような素振りを出来るだけ見せました。

例えばドライブ中にブレーキを踏む際、ごめんちょっとブレーキキツいかも?と言いながら彼女の肩に手を置いてシートへ押すようにしたり。

シートベルトをしてるので何も問題ないですし、そもそも急ブレーキという程のブレーキはしていませんから、そんな事する必要な一切ないんですよね。

でもこうするとこで、彼女を気遣っているというポーズになります。

他にも食事中に色々気配りをしたりとかしましたが、長くなるのでここは割愛。

決定的になったのが夜景デートです。

この日は他府県までドライブデートをし、夕食は夜景の見える展望レストランで食事をしました。

この展望レストランの横にはテラスがあり、食事を終えてから彼女とこちらに移動して彼氏を別れて付き合って欲しいとお願いしました。

悩む素振りを見せてましたが、後ろからギュっと抱きつきながらもう1度お願いするとOKし、略奪に成功しました。

せっかく彼氏から略奪したものの、1年で関係は終わってしまうんですけどね。

別れのキッカケは、彼女の浮気。

まあ私も略奪して彼女を手に入れたわけですし、仕方ないなとあきらめましたけど。

略奪出来るということは、略奪されやすいという事でもある・・・と身をもって体験しました。