40歳男性 オジサンのお膳立てのおかげで、幼馴染を略奪

40歳男性 オジサンのお膳立てのおかげで、幼馴染を略奪

私は40歳の会社員です。

妻は1歳年下の39歳で、妻とは略奪愛の末、結婚しました。

ただ、少し変わった略奪愛でした。

妻とは生まれた家が隣同士で、いわゆる幼馴染でした。

ただ、恋愛感情などはなく、ある程度の年齢になると、一緒に遊ぶこともなく、自然と各々の進路を進んでいきました。

転機は10年前でした。

転勤で、実家に戻ってきた私は、久しぶりに妻と再会しました。

当時の妻は、結婚しており、実家から少し離れたところのアパートに住んでいました。

私はてっきり、幸せな結婚生活なのだと思っていましたが、そうではなく、相手の男性は、雑貨屋を個人で営んでいたのですが、経営は上手くいっておらず、また酒好きで、結構な額の借金があったようです。

妻は私に会っても、生活の苦労は語らず、逆に私の結婚の心配をしてくれたりしていたのですが、彼女の父は違いました。

最初から結婚には反対だったらしく、甲斐性のない義理の息子に我慢がならなかったそうです。

ある日私を訪ねて来て、言いました。

「あのバカ野郎な亭主と別れさせるから、うちの娘を嫁にしてくれないか」私は驚きました。

彼女は婚姻中ですし、そもそも私のことを好きかどうかすら分かりません。

素直にそう答えると、オジサンはニヤリと笑い、言いました。

「そこは心配しなくていいから。

とにかくもらってくれるかだけ教えてくれ」当時の私は、彼女もいませんでしたし、彼女にその気があるなら結婚しますと返答しました。

実は彼女と再会した私は、密かに彼女に恋をしていました。

もし実現するなら、喜んでという気持ちでした。

その、何が起こったのかよくわかりませんが、オジサンの暗躍により、妻は離婚し、実家に帰ってきました。

夫だった男性のお店は閉店し、アパートも引き払い、いつの間にかいなくなったそうです。

オジサンが借金を整理し、返済することで、手切れ金代わりにして、二度と妻に近寄らないことを約束させたそうです。

離婚が正式に成立した後、私たちは付き合うことになり、半年後に結納を行い、1年後に入籍しました。

今でもキツネにつままれたような展開ですが、ただただ義父には感謝しています。

略奪愛にしては、他人のお膳立ての末という感じで、少し間が抜けていますが、これが私の略奪愛体験談です。